ロスカットすべきとき、利確をためらうとき

FXで逆に値動きしたときは、ものの数分で数千円が消える、−2000円ならまだしも、−4000円、−9000円となってくると、それなりに大きな額といえます。すぐさまロスカットすべきです。+4000円、+9000円ではたいした額ではないからそのまま放っておくわけですが、−で考えたらとにかく大きいわけです。

 

買いでも売りでも取引を成立させた時点で、いくらか損をした状態になります。そこから利益になって利確するまではどうなるかわからないのであって、多少利益が出ていても数日したらその利益が消えていたことも少なくありません。

 

ただ利益が拡大したのちに、大きく損することは少ないです。+数万円になっていて、いきなりそれが−になることはなく、チャートが示したのちに動くからそれまでに利確すればよいだけです。このときの利確をトレンドに沿って早めるのが一つのコツです。売りの下げやすさも考慮したいところです。

ロスカットすべきとき、利確をためらうとき/チャートの動きにドキドキ関連ページ

昼からチャートが動かず
ドル売り94円台へ
今週末のドル円の行方は
専業主婦がFX♪